konpurekkusutowatashinokyori

出会いや思い入れがどんなものであれ、人は皆、それぞれにオリジナルな関係で言語と共に生きている。もう「自分の英語なんて」と吐き捨てることはやめよう。
ちゃんみなさんにとって、生まれて初めての大きな「痛み」は、小学校時代のいじめの経験だった。
真っ白で、濁りのない肌をした同じクラスの女の子が羨ましかった。あの頃は。
「白髪染めをしない」と決断をした後、年上のグレイヘアの女性からも批判を受けた。同じ「価値観」を持つはずなのに、なぜだろうか。
「これからは農業の地位を上げて、子供たちが憧れるような仕事にしたい」とタケイファーム・武井敏信さんは語ります。だからこそ譲れないこだわりもあるそうです。
普段はなかなかオープンに話せないセックスや性のこと、いろいろ聞いてみた。
運動神経抜群の弟が、足が速くてみんなのヒーローだったクラスメートが、羨ましくてたまらなかった。
ネットで目にする"完璧な体"に、もううんざりしているんです