konsarutingu

会社には、社会の課題が詰まっている。D&Iを理想で終わらせない環境は、作れるのか?アクセンチュアに聞いた。
PRESENTED BY Accenture
日本の女性管理職は、約9人に1人。社会課題に真剣に取り組んだら、組織はここまで変わった。
PRESENTED BY Accenture
「20代のうちに、いわばビジネスの戦闘力を高められる会社で経験を積みたいと思いました」
PRESENTED BY エン・ジャパン
転職先として興味のある業種、年収1000万円以上の人の第1位はコンサルティングでした。
PRESENTED BY エン・ジャパン
「日本から次なるGAFAを創りたい」営業からコンサルへの転身の理由を語りました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
戦略立案・構想策定から、業務改革・設計、システム開発・導入、運用まで一連のコンサルティングサービスを提供する、アビームコンサルティング。
PRESENTED BY エン・ジャパン
「一度しかない若い時間、自分に可能な限りのプレッシャーをかけて成長していきたい」
PRESENTED BY エン・ジャパン
安易な転職は自身のキャリアを傷つけることも…。「転職をせずに現職にとどまる」ほうがよいのは、どのような場合なのでしょうか。
PRESENTED BY エン・ジャパン
人間の"脳"のようにものごとの関連性を見つけ、仮説を立て、判断および記憶し、自然言語を扱う仕組み、コグニティブ・コンピューティングの研究が注目されています。
近い将来、多くの仕事がAIやロボットに代替される可能性が高いとされる一方、新たな職業が生まれる可能性も高いと予想されている。
PRESENTED BY エン・ジャパン
「外資系コンサルティング会社」と聞くと、「昼夜問わずめちゃくちゃ働く」「人間関係がドライ」というイメージを持つ方がまだまだ多いのでは?
スポーツ一筋の人生を歩んできた私がカンボジアで働くことになった理由をお伝えします。きっかけは、高校時代の親友からの一本の電話がきっかけでした。
「単純な指標からは見えてこないプロフェッショナル」と「経営のプロ」的なものをいかに両立させるか・・・が今の日本の最大の課題だという話をしています。
「プロ経営者」と「縁の下の力持ち」とのギャップといったグローバリズム的課題についての話をしたいと思います。
昨年、海外進出や海外移住に関して、官公庁や民間企業など数回ほど講演をさせて頂く機会を頂きました。今回は、海外進出にあたって必要なことをなるべく体系的にまとめてみたいと思います。
ブランドコンテンツとは何でしょうか?最近注目を集める企業の新たな宣伝・広報手法について、東洋経済オンラインがそう呼称しています。まだ業界的に統一された言葉ではないのですが、ネットにおいては企業が、新聞や雑誌の編集記事のような読みごたえのあるコンテンツをプロデュースし、自社サイトで発信、あるいは東洋経済オンラインのような報道サイトに広告として出稿しています。