kontentsu

担当者は「新しいことへのチャレンジとして、デジタル上のマスメディアで実施したかった」と述べた。
記事や動画など弊社コンテンツの制作に携わっていただくこともあります。
ダイバーシティのある社会は、「主体」と「客体」を区別しない。
子育て個人ブログを掘り起こすと、天国のような親子関係が綴られたブログもあれば…
コンテンツと現実の区別をつけるのは簡単だが、コンテンツ越しに浸透してくる理想や欲望をブロックしながら楽しみ続けるのは簡単じゃない。
ポケモンは数ある日本のコンテンツの中でも、最もメディアミックスが成功した事例であることは確認しておく必要があるだろう。
CG制作会社として七転八倒した末にたどり着いた新たな出発点の先には、日本の映像制作業界全体のモデルとなる道筋が見えてきそうだ。
GoogleやAmazonなど、巨大プラットフォームの勢いはめざましいものがあり、これらがコンテンツの流通を握るようになる未来は想像に難くない。
アップルが、タイム・ワーナーを買収するかもしれないとアメリカのニューヨーク・ポストが伝えている。