kontentsu

担当者は「新しいことへのチャレンジとして、デジタル上のマスメディアで実施したかった」と述べた。
記事や動画など弊社コンテンツの制作に携わっていただくこともあります。
ダイバーシティのある社会は、「主体」と「客体」を区別しない。
子育て個人ブログを掘り起こすと、天国のような親子関係が綴られたブログもあれば…
コンテンツと現実の区別をつけるのは簡単だが、コンテンツ越しに浸透してくる理想や欲望をブロックしながら楽しみ続けるのは簡単じゃない。
ポケモンは数ある日本のコンテンツの中でも、最もメディアミックスが成功した事例であることは確認しておく必要があるだろう。
CG制作会社として七転八倒した末にたどり着いた新たな出発点の先には、日本の映像制作業界全体のモデルとなる道筋が見えてきそうだ。
GoogleやAmazonなど、巨大プラットフォームの勢いはめざましいものがあり、これらがコンテンツの流通を握るようになる未来は想像に難くない。
アップルが、タイム・ワーナーを買収するかもしれないとアメリカのニューヨーク・ポストが伝えている。
美魔女ブームの仕掛け人として流行を牽引してきた編集者、山本由樹さんが2015年をもって雑誌『DRESS』の編集長を退任した。
スター・ウォーズ『フォースの覚醒』が封切られて、ひとつ会社側が予想していないことが起こりました。それは…
YouTube が定額サービスの YouTube Red のサービス強化のため、ハリウッドの制作スタジオとともに独自の映画や TV 番組コンテンツを用意すると伝えられています。
人柄、熱意、郷土愛。自治体PRの極意がここにある。
スマートフォンやソーシャルメディアの台頭で、情報があふれる世の中になりました。
大手出版社である講談社を飛び出し、クリエーターを独自でマネジメントして、創作活動をサポートしていくエージェント「cork」(コルク)を立ち上げた、佐渡島庸平氏。
日本のメディアがものにした初めてのNetflixのインタビューだと思う。貴重なその内容は、同誌を読んでもらうのがいちばんだ。ここではその中で注目すべき発言を少し取り上げたい。
コピーを通じて人を動かす言葉を紡いできた人気コピーライター尾形真理子さんが考える、これからのコミュニケーションのありかたとは―—?
佐渡島氏は、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)など、さまざまなヒット漫画を世に送り出してきた敏腕編集者。