kontentsumaketingu

オウンドメディア勉強会で話題に出てくる様々な共通点や課題を思い浮かべながら、編集長にはどんな力が必要なのか、まとめてみました。
勇気を出して、社内で提案&実行できる人って限られるのでは?社内でどう行動し、狙った成果を得ているのかをお聞きしました。
美魔女ブームの仕掛け人として流行を牽引してきた編集者、山本由樹さんが2015年をもって雑誌『DRESS』の編集長を退任した。
「オウンドメディアは、ネット外にも活動領域がある」という考えの持ち主である株式会社デサントの加勇田さんと面白法人カヤックの三好さんに取材させていただきました。
「想定読者にとって価値あるコンテンツを提供しているのに、なかなか成果に結びつかない」こんな風に、四苦八苦している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
10年足らずで、月間1,300万PV、公式Facebookで11万いいね!を獲得するまでになった小さな会社のSNS活用術、コンテンツ作りの秘訣に迫る。
自社でメディアを運営したり、ブログで情報を発信したりといった、コンテンツマーケティングの重要性がこのごろ高まっていますが、海外では「Chief Content Officer (CCO)」という職種が注目されつつあります。
オウンドメディアというのは、「企業が自社で所有するメディア」のことを言い、自社のウェブサイトや、メールマガジンなども含まれます。
コンテンツマーケティングが流行っている。記事や動画、写真等を使って読んで面白いコンテンツで商品を宣伝したり、企業のイメージアップ、ブランド価値向上をはかる比較的新しい宣伝・広告の手法だ(狭義の定義)。
前号に続く「コンテンツマーケティング」特集第2弾は、その先駆けともいえる糸井重里氏にインタビュー。糸井氏が主宰するウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞(以下、ほぼ日)」は、1998年に創刊してから16年間、毎日更新を続け、現在でも1日10万人以上の人が見ている人気サイト。「コンテンツ」を作る秘訣を聞きました。