koreedahirokazu

競泳・池江璃花子選手の競技復帰までの道のりを追った動画作品「The Center Lane(センターレーン)」が、SK-IIがブランドとして初めて立ち上げたフィルムスタジオ「SK-II STUDIO」から発表された。監督は是枝裕和氏。日本選手権を4月に控える池江選手がたどり着いた「運命を乗り越える」方法、「SK-II STUDIO」を始動した理由に迫る。
PRESENTED BY SK-II
池江選手が闘病生活を経て心境の変化を語る場面もあった。
MVの中では登場人物がマスクをしていたり、コンビニのレジにはビニールカーテンがかかっていたりと、コロナ禍の状況を伺わせる。
『わたしは、ダニエル・ブレイク』で二度目のパルム・ドール受賞、是枝裕和監督が師と仰ぐ、名匠ケン・ローチ。その右腕ともいえる脚本家、ポール・ラヴァティ氏に話を聞いた。
「映画祭を主催する立場の人としては、あってはならないあるまじき判断です。作り手に対する敬意を欠いているし、皆さんからその映画と出会うチャンスを奪っている行為です」
「表現の自由」をめぐる「常識」が逆風にさらされている。それは、一体、どこから吹いているのか?
最新作『真実』が公開を迎えた是枝裕和監督。新作への思い、物議をかもす日本の文化行政のあり方など…。表現をめぐる現在地について聞きました。
是枝裕和監督の『万引き家族』が、日本アカデミー賞で最優秀作品賞を受賞しました。
第91回アカデミー賞授賞式が、いよいよ開催へ。是枝裕和監督の「万引き家族」もノミネートしています。