korekaranokeizai

10月19日にプライベートブランドを『ファミマル』に一新したファミリーマート。その経緯や狙いとこれからについて、最高マーケティング責任者(CMO)足立光氏に聞いた。
『お母さん食堂』をめぐる指摘については「議論は当然受け止めていた」という。
10月19日から全国の店舗で順次展開されるという。
「2050年脱炭素」に欠かせない太陽光パネルの生産過程で、ウイグル族など少数民族への人権侵害が指摘されている。アメリカは一部輸入禁止措置。国内に拠点を置く日本と中国のメーカー計7社に調達先を聞いた。
当時大学2年生だった髙橋大輝さんが、なぜみずほFG株主総会に出席し、気候危機対策に関する疑問を経営陣にぶつけるに至ったのか。当時の思いとその後について聞いた。
「働きがい」とは何か。意外と言葉で説明するのは難しいかもしれない。コンカーの三村真宗社長は「働きがい」には3つのポイントがあるという。
ここ数年の急激な変化の中、採用に成功している会社に共通するのは、「採用の解像度」が高いことだ。
PRESENTED BY Thinkings株式会社
英国の人権団体が世界のアパレル系企業64社を調査。グローバル企業にとって、「ビジネスと人権」は市場競争力の大きな要素となっています。
温室効果ガスの削減、取締役への女性登用。そうしたESG施策をおろそかにする企業には、司法や環境団体から厳しい目が向けられています。
まさに逆転の発想。「絶妙なネーミングセンス」「闇落ちして敬遠されるのに実は甘いって、キャラとして良すぎる」と称賛の声が挙がっています。
新しくなったダイナースクラブカードは、ミニマムなデザインや、タッチ決済機能など、これからのライフスタイルにぴったりのクレジットカード。今回は、そんなニューノーマル時代に使いたい、新しいダイナースクラブカードの魅力をまとめました。
PRESENTED BY ダイナースクラブ
会社には、社会の課題が詰まっている。D&Iを理想で終わらせない環境は、作れるのか?アクセンチュアに聞いた。
PRESENTED BY Accenture
世界が環境問題に直面し、SDGsを目指している今。企業はZ世代とどう向き合うべきか。
登録も、視聴も無料。「参加したくてもできなかった」を解消してくれるオンラインサービスが人気です。
PRESENTED BY Innovation&Co.
取材に対し、セブン-イレブン、ファミリーマート、ローソンの3社は、DHC製品の取り扱いを続けていると回答した。
職業人生は、長い。決まったキャリアはなく、すべて自分次第だ。だからこそ、さまざまな局面で、迷い、悩む人も少なくないだろう。いま悩んでいる人へ、4人のストーリーが最良のヒントになるはずだ。
PRESENTED BY USEN-NEXT HOLDINGS
サプライチェーンにおける人権侵害は、「ビジネスと人権」の国際基準にも反している。
カゴメは中国大陸部に一部商品を輸出しているが、売り上げ比率は2020年末時点で0.4%と少ない。
今、マネジャークラスになっている方たちもまた、部下だった時代に「上司にじっくり話を聴いてもらった」という経験が乏しいため、分からないんですよね。