korekaranokeizai

事業規模約72兆円に上る大規模な経済対策が閣議決定され、岸田首相は「物価高克服、経済再生実現のための総合経済対策」と訴えた。
マンドラゴラ防犯ブザーやマンモスの氷漬けクッションなど...クセになるアイデアを世に放っています。
10月19日にプライベートブランドを『ファミマル』に一新したファミリーマート。その経緯や狙いとこれからについて、最高マーケティング責任者(CMO)足立光氏に聞いた。
『お母さん食堂』をめぐる指摘については「議論は当然受け止めていた」という。
10月19日から全国の店舗で順次展開されるという。
「2050年脱炭素」に欠かせない太陽光パネルの生産過程で、ウイグル族など少数民族への人権侵害が指摘されている。アメリカは一部輸入禁止措置。国内に拠点を置く日本と中国のメーカー計7社に調達先を聞いた。
当時大学2年生だった髙橋大輝さんが、なぜみずほFG株主総会に出席し、気候危機対策に関する疑問を経営陣にぶつけるに至ったのか。当時の思いとその後について聞いた。
「働きがい」とは何か。意外と言葉で説明するのは難しいかもしれない。コンカーの三村真宗社長は「働きがい」には3つのポイントがあるという。
ここ数年の急激な変化の中、採用に成功している会社に共通するのは、「採用の解像度」が高いことだ。
PRESENTED BY Thinkings株式会社
英国の人権団体が世界のアパレル系企業64社を調査。グローバル企業にとって、「ビジネスと人権」は市場競争力の大きな要素となっています。