kororadoshu

アメリカでまた銃乱射事件。スーパーを訪れていた人たちが犠牲になりました
「学生たちが大学の授業料を払えるよう支援するための方法を新たに見つけることが、このコミュニティにとって重要なんです」
現在、23州とコロンビア特別区で医療用マリファナが、そして4州とコロンビア特別区で娯楽用マリファナの使用が合法化されています。
コロラド州では1月1日(米国時間)、21歳以上の成人に対する嗜好用大麻(マリファナ)の販売が解禁された。同州デンバーの「9News」は、州全体の売り上げは嗜好用の初日だけで100万ドルを超える見込みだと報じている。 解禁初日にオープンした24
コロラド州では1月1日(米国時間)、21歳以上の成人に対する嗜好用大麻(マリファナ)の販売が解禁された。同州デンバーの「9News」は、州全体の売り上げは嗜好用の初日だけで100万ドルを超えた見込みだと報じている。
オーロラは通常、グリーンランドやアイスランド、スウェーデンといった極地近くで観察される。けれども、10月1日深夜から2日早朝にかけて、コロラド州の住民はこの珍しい夜空の美を楽しむことができた。
オーロラは通常、グリーンランドやアイスランド、スウェーデンといった極地近くで観察される。けれども、10月1日深夜から2日早朝にかけて、コロラド州の住民はこの珍しい夜空の美を楽しむことができた。
コロラド州の山間の街、アスペン市では昨年、ビニール(プラスティック)製のレジ袋を禁止した。そして、ビニール袋に代わる紙袋を提供してもらう場合の料金(20セント)の合計額が、かなりの金額に達している。
銃規制をめぐって全米で激論が交わされており、コロラド州では先ごろ、新たに包括的な銃規制法案が州議会で可決された。ところが、そんな時代の流れに逆行するように、同州南西部の小さな町で、銃所持を「義務付ける」条例が設けられた。