koshokusenkyoho

東京都の猪瀬直樹知事(67)は26日午前、医療法人「徳洲会」グループから5千万円を受け取っていた問題で緊急の記者会見を開き、昨年12月の都知事選前に徳田毅(たけし)衆院議員から現金を受領した際の「借用書」を公開した。5千万円は「選挙資金でなく、個人の借り入れ」と改めて主張。「仕事はちゃんとやらせて頂く」と辞任は否定した。
東京都の猪瀬直樹知事(67)側に、医療法人「徳洲会」グループから5千万円が提供されていた問題で、猪瀬氏は22日午後1時すぎ、都庁で報道陣の取材に応じ、徳洲会創設者の徳田虎雄前理事長(75)側から、5千万円を受け取ったことを認めた。
猪瀬直樹知事側に医療法人「徳洲会」グループが、5千万円を提供していたことがわかった。徳洲会が公職選挙法違反容疑で東京地検特捜部の強制捜査を受けた後の今年9月、猪瀬氏の秘書が全額を返却したという。
昨年12月の衆院選をめぐる公職選挙法違反容疑で、幹部6人が逮捕された医療法人「徳洲会」グループが、ゼネコンなどの社員も、徳田毅衆院議員の選挙応援に従事させていたことが関係者の話でわかった。社員らの運動は手弁当だが、貢献度は、病院建設工事などの業者選定に反映されるという。
公職選挙法の問題がはっきりわかっているのに、なぜ、法律が改正されないのだろうか。
インターネット選挙を使った選挙活動が解禁となる7月の参院選に向け、ツイッター社は21日、各政党の公式アカウントがすべて認証されたと発表した...
国会議事堂を背景に、大きく「解禁」の文字が書かれた紙を掲げて笑う若者たちの写真。  彼らは、インターネットを利用した選挙を可能とする公職選挙法の改正を呼びかけてきた「One Voice Campaign」(ワンボイスキャンペーン)の中心メンバーだ。  ほとんどが20代。帽子にデニム、サンダル履きという思い思いの格好で、4月19日、国会に乗り込んだ。「インターネット」と網の「ネット」をシャレたつもりで持ってきた虫取り網は持ち込めなかったが、この日、改正案が無事に可決されるのを傍聴席で見届けた。
ネット選挙の解禁は必然だったと言える。ただし各党ともネット選挙解禁で自党に有利になるはずと甘い夢を見て浮かれていたのか、その方法について十分な検討がなされた気配が感じられない。