koshueisei

小さな失敗を繰り返しながら最終的な問題解決が図れるように進歩していけば、それは成功率100%だと言えるでしょう。
鉄欠乏貧血は世界が抱える重大な健康問題であり、20億人以上に影響を及ぼしているという。
これまで社会も医師も、この疾病に対してあまり注意を払ってこなかった。
はるか昔から、人類は、感染症にさいなまれてきた。毎年、世界的な拡大を見せるのが、インフルエンザだ。
人獣共通感染症のウイルスは、多くが野生の哺乳類を起源とし、世界の公衆衛生における深刻な脅威となっている。
カフェの名前は「Jamban」で、まさにインドネシア語で「便器」を意味している。
中国では、1978年に小児へのワクチン接種普及活動が実施され始め、3年内に全国で計画的なワクチン接種の実施が求められました。
国際的な医療協力をすると必ずぶつかる壁がある。それは、医療活動、すなわち患者を治療すること自体がこの世に存在していない、あるいはそれに近い状況にあるという現実だ。
実は、我が国は「貧血大国」だ。我が国の妊婦の30-40%が貧血だが、これは先進国の平均である18%とは比較にならず、発展途上国の56%に近い。
公衆衛生と言えば、日本では、役所や保健所、大学、研究所があるではないかと言う方もいるだろう。もちろん、そうした機関も大事なのだが、国家安全保障的役割が重要であることを忘れてはならない。その一番分かりやすい例が、感染症対策だ。