kosodate-okane

政府は「児童手当」を支給している世帯に対して「子ども1人あたり1万円」の一時金を配る措置を盛り込む方向で調整に入った。景気の腰折れを防ぐねらいだ。
育休中の手当が増える−−。厚生労働省は10月25日、育児休業中の人の所得を補う「育児休業給付」の支給金額を、引き上げる案方針を固めた。現状は、育休前の給料の50%相当を支給しているが、育休当初半年間に限り、3分の2に引き上げるという。