kosodateseisaku

やはり、保育所という行政が大好きな「箱モノ」にこだわるのではなく、小規模保育やベビーシッターなど、機動的で多様な保育形態に政策をシフトし、予算を配分していくべきではないでしょうか。
保育園から届いた通知書。気を失うには十分過ぎるほどインパクトのある一文がそこにありました。