kosodateshien

行政が「縦割りの壁」や「前例主義」を打ち破り、総合的なチームプレーで「付加価値を生む組織」に進化することが、この時代の要請ではないだろうかと感じています。
ひとりで業務をやり切ろうとするワーママが多いのに対し、周りの人たちは業務を抱え込まないでほしいと考えていることが分かりました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
昨年から度々検討案として挙がっていた「こども保険」制度が提言としてまとめられた。しかし、この「保険」には多くの問題点が存在する。
14歳以下の一人当たり医療費の方が、後期高齢者の一人当たり医療費より伸び率が高くなっています。日本の子供は身体が弱くなっているのでしょうか。
2015年4月から三菱商事が始めた「MC学童」は、本社勤務の社員の子どもを対象に、夏休みなどの長期休暇中だけ提携先の学童保育で預かるという制度です。
PRESENTED BY エン・ジャパン
大和ハウス工業は、太っ腹かつユニークかつ利便性の高い福利厚生制度を展開しています。
PRESENTED BY エン・ジャパン
横浜地裁(片山隆夫裁判長)は7月20日、懲役26年(求刑無期懲役)の判決を言い渡した。
子育て・仕事・社会活動、この3つのバランスをとりながら働く「新しいパパ社員たちの働き方」について実践者たちとともに考えてみた。
PRESENTED BY エン・ジャパン
2015年9月に安倍首相は、アベノミクスは第2ステージに入ったとし、それまでの三本の矢にかわる「新・三本の矢」を打ち出しました。
カリスマ小学校教師、沼田晶弘先生に、教師と児童から見た「働くママ」について語ってもらいました。
かかわる子どもや保護者は月1000人を超えている。
質の高い幼児教育(保育)を受けた子ども達は、大人になってから、より所得が高く、持ち家率が高く、生活保護率も低いことが分かったのです。
「保活」の年々エスカレートぶりの一端が、ネット調査で明らかに――。
出生時の父母の年齢を下げることができるならば、効果的な出生率の上昇が望めることはデータから明らかである。
認可に落ちた私が復職できたのは、出産前から認可外の保育園を予約していたからだ。今、激戦区で保育園を確保するには事前の「保活」が必須だ。
百歳以上の人口は、1963年には全国で153人だったのですが、昨年の敬老の日の時点で6万1568人にまで増加しています。一方、少子化の進行とともに...
厚生労働省「イクメンプロジェクト」が開催する「イクメン企業アワード」で、2014年度のグランプリに選ばれた岐阜県にあるアース・クリエイト。その後の取組みや現在の活動について代表取締役の中石俊哉さん、取締役営業本部長企画・制作・広報室長の岩田良さんに話を伺った。
PRESENTED BY 厚生労働省
学童保育政策を考える時、その利用実態を正確に知ることが不可欠である。にも関わらず、学童保育の利用状況はこれまで国によって正確に把握されてこなかったのである。
分かる、分かるよ。何が一億総活躍社会だよ、と。私活躍できないじゃん、と。その通り。じゃあ、政府は何もしていないのか?