この小さな鳥の美しさは想像以上だ。
グリーンエネルギーの先導役は世界中で出現している。再生可能エネルギーへの転換に向けた、教訓やひらめきが、開発途上の1つの中米国から得られたことは少し意外な事実だ。
湘南や生見海岸に物足りなくなったら、思い切って海外へ。近郊ビーチがオフシーズンでも、スリリングな波は世界のどこかで必ず見つかるもの。
ツリーハウス、と一言で言っても、その見た目と内容は、どれも同じというわけではありません。プランジプールや素晴らしい景観を望むベランダ、大理石のバスルームといった贅沢な施設のついた高台の世界も。
中米の小国、コスタリカ。人口は490万人。面積は九州と四国を足したぐらいだ。この小国が近年世界的に注目を集めている。いくつかその理由を列挙してみたいと思う。
151の国と地域を対象にして2012年に行われたこの調査結果によると、「世界で最も幸せに暮らせる場所」は…?