kurimia-jumintohyo

3月16日にクリミアで行われたのは「住民投票」ではない。この「住民投票」はウクライナに対するあからさまな軍事攻撃を隠蔽するための策略で、ウクライナの領土の一部を併合しようとする試みだ。
ウクライナ南部のクリミア半島で3月16日に実施された住民投票について、選挙管理委員会は同日夜に公表した暫定結果でロシア編入への賛成が95.5%に上り、承認が確実な情勢だ。
クリミア自治共和国議会は3月11日、ウクライナからの独立を宣言した。ロシア編入の是非を問う住民投票を16日に控えて、ウクライナの一部が編入されるのではなく「独立国家同士が統合する」という体裁を整えるのが狙いだ。