kurinenerugi

中国が世界でもっとも愛らしい太陽光発電所を建設した。
どうしたらコペンハーゲンという首都とロラン市という地方都市が双方にとってメリットがあり、一過性ではない、永続的で未来志向の関係性が築けるのか。
「ますます、再生可能エネルギーは、最も低コストな選択肢となりつつあります」
モロッコは、太陽熱発電所の開設に成功してから、輸入石油への依存を劇的に減らす道を進んでいる。
Appleは、アメリカ・ヨーロッパに続き中国でも製造工程に太陽光エネルギーを利用する計画を発表。Foxconnら現地パートナーと協力して進める。
カリフォルニア州は、低所得の家庭にソーラーパネルを無料で提供する取り組みを進めている。費用を負担するのは温室効果ガスを発生させている企業だ。
現在ハワイ州議会では「2050年までに消費電力を100%再生可能エネルギーでまかなう」という高い目標を盛り込んだ法案が審議されている。ハワイはアメリカで初めてすべての電力需要を再生可能エネルギーでまかなう州になるかもしれない。
世界風力エネルギー会議(GWEC)は、2030年までに世界の風力発電設備容量が現在の5倍強に相当する2000ギガワット(GW)に達し、電源構成の19%を占める可能性があるとの見通しを示した。