kurinikku

院内感染への不安から、患者の受診控えが加速。開業医の一人は「補償なしでは立ち行かない」と打ち明ける。
クリニックや治療法にもよるが、高度治療になるほど注射や諸々の処置の回数は多く、体に痛みを感じる機会も少なくない。
私のカンボジアでの医療活動を通して感じた、医療の現状や将来の可能性について綴らせていただきます。
2015年7月に、生活保護受給者である精神疾患患者の「相談員」として、特定の医療法人が職員を都内の福祉事務所に派遣し、自らのクリニックへ囲い込んでいたと受け取られかねない問題が明らかになったことはご記憶に新しいところだと思います。
医学生が実習で訪れた千葉県内のクリニック。患者数が10万人を超えていることに驚いた学生たちが、その理由を探りレポートにまとめました。
在宅診療の大切な役目があります。お家で最後まで暮らしたお年寄りが、静かに自宅のベッドで最期の時を迎えるのをサポートする仕事です。