kurokonobasuke

色んな世界観を見せてくれたり、色んなチャレンジをさせてもらった。ここから先、あんなに濃い3年という時間はないだろうなと言えます。
人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる連続脅迫事件で、威力業務妨害の罪に問われた元派遣社員、渡辺博史被告(36歳)の判決が8月21日、東京地裁であった。前田巌裁判長は、渡辺被告に求刑と同じく懲役4年6カ月を言い渡した。
誰でも一度は夢想したことのある漫画&アニメのヒーロー同士による『夢の対決』。だが、どちらが勝つかの議論を友人と激しくぶつけ合っても、結局は互いに一歩も引かずに“水入り”となることが定石といえる。これまでに数多くの夢の対決が実現し映像化もされてきたが、果たして双方のファンはこの“禁断の果実”に対してどのような想いを抱いているのか? 改めて検証してみよう。
人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる一連の脅迫事件の容疑者が逮捕されたことを受けて、12月18日に作者の藤巻忠俊さんがコメントを発表した。連載誌の週刊少年ジャンプの公式サイトに「読者の皆様へ」という表題で掲載されている。
人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる一連の脅迫事件で逮捕された渡辺博史容疑者の供述が、ネット上で憶測を呼んでいる。渡辺容疑者は「黒子のバスケ」の作者である藤巻忠俊さんと面識はなく、嫉妬で犯行で及んだと供述しているが、なぜ彼がそこまで藤巻さんを嫉んだのかが理解不能だからだ。
黒子のバスケ脅迫事件の容疑者がようやく逮捕されたようです。最初の脅迫から1年以上が経過。随分と時間がかかりました。たった1人の脅迫が表現の自由を大きく脅かすことが可能なことを証明していまいました。表現の自由を守るためにはお上だけでなく、個人テロ(的なもの)とも闘わないといけない。
人気漫画「黒子のバスケ」をめぐる脅迫事件に絡んで、警視庁は大阪市内に住む職業不詳の36歳の男を威力業務妨害の容疑で逮捕した。昨年10月以降、脅迫状が相次いで届いたことで、大手レンタルビデオ店「TSUTAYA」の全店舗から関連商品が撤去されるなど大きな騒ぎになっていた。
人気漫画「黒子のバスケ」のキャラクター商品に毒物が混入されていた問題で、商品が陳列されていたコンビニの防犯カメラに不審な人物が映っていたことが判明した。警視庁は、この人物が事件に関わった疑いがあるとみて捜査を進めている。
人気漫画「黒子のバスケ」に関する脅迫状が届いたことを受けて、大手レンタルビデオ店「TSUTAYA」の全店舗から関連商品が全て撤去されることが決まった。10月29日、TSUTAYAを運営するカルチュア・コンビニエンス・クラブの広報担当者は、ハフィントンポストの電話取材に対し「お客様の身体・生命に危害を与える可能性のある内容が書かれた脅迫状が届いたことを受けて、昨日から順次撤去を始めた。11月3日までに全て撤去する」と回答した。
人気漫画「黒子のバスケ」をめぐって作者に恨みがあるという人物から「毒入りの菓子を店頭に置いた」とする手紙がコンビニ最大手のセブン―イレブンに届いている問題で、手紙の差出人の名前が「怪人801面相」となっていたことに、ネット上で「センスない」と、失笑が広がっている。