kurumaisu

笑いやユーモア、拡張現実(AR)が実現する「心のバリアフリー」とは? THEATRE for ALLにアーティストとして参加するAR三兄弟の川田十夢さんと、車椅子Youtuberとして活躍し、ナビゲーターを務める寺田ユースケさんが話し合いました。
PRESENTED BY THEATRE for ALL
強風で倒れた看板にぶつかり腰の骨を折るなど重傷を負った猪狩さんは、活動再開後はパラスポーツ普及のイベントや車いす生活者としての啓発活動などを続けてきた。
「たとえば、朝起きてゴミを捨てに外に出られる人でも、街に買い物に出かけるとなるとハードルが上がる人もいる。そういった一人ひとりの声に応えたいんです」WHILL社、CTOの福岡宗明さんが語りました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
同社の担当者は「車いすでの生活をもう一歩外へ広げていくこともアシストできれば」と話している。
私は自分に性的な欲求があることを知っていて、愛情あふれる安定した関係の中でセックスをしたいと思っている。
世間の風当たりは強くなっている? 多様性に対する理解は本当に進んだのか。
日常で障がいを持つ人、持たない人が接することが必要。中でも「働くこと」を通じ、互いに知り合うことが、いちばんナチュラルではないでしょうか。
デザイナーは訴える。「私たちは全ての女の子が気高いと信じている」