kuwatamasumi

エースの藤村哲平投手は入学をあきらめた少年たちが多い中でも、過去の試合に強く憧れ、PL学園を選んだという。
覚せい剤使用などの罪で起訴され、17日に保釈された清原和博被告に対し、かつてのチームメイトの桑田真澄さんが、更生に向けエールを送った。
春夏の甲子園大会で計7回の優勝を誇る高校野球屈指の名門、PL学園が2月17日、硬式野球部を夏の大会を最後に休部させる方針となった。
覚醒剤を所持していた容疑で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者について、同級生でチームメートだった桑田真澄氏が、心境を語った。
メジャーリーグのテキサス・レンジャースに所属するダルビッシュ有投手が17日に、右ひじ靱帯(じんたい)の修復手術(通称「トミー・ジョン手術」)を受けると発表した。
巨人軍の歴史を語るうえで、外せないのが多摩川グラウンドだ。練習の場として、多くの選手が切磋琢磨した。
将来はドラフト会議をなくし、プロ入りを望む選手の多くが意中の球団、または誘われた球団に入り、よりのびのびプレーできる環境作りが大切ではないだろうか。
石川ミリオンスターズ(BCリーグ〔プロ野球独立リーグ〕)の木田優夫投手兼ゼネラルマネージャーが現役を引退した。記録よりも記憶に残る投手で、巨人時代は"珠玉のストレート"を武器に、リーグ優勝4回、日本一1回にそれぞれ貢献した。巨人は1986年秋のドラフト会議で、木田優夫投手を1位指名した。背番号は47。187センチ(プロ入り後、1センチ伸びた模様)の長身から投げ下ろす剛速球が武器だったが、制球力に難のある投手だったと記憶している。