kyasarinhi-wiriamuoji

「お母さんたちが抱える不安の中には、『完璧な親でいなければならない』という圧力が、根本に存在しています。お母さんたち全員が完璧に子育てを行い、充実しているように見せかけようとしてしまいます」
エレガントなファッションスタイルが国民の心をつかむケンブリッジ公爵夫人(キャサリン妃)。彼女のスタイルを34枚の写真で振り返ってみよう。
コートドレスの季節がやってきた。
ケンジントン宮殿は5月2日、キャサリン妃がセント・メアリー病院で女の子を出産したことを発表した。2日夜、新しいプリンセスがお披露目された。
ウィリアム王子(32)の妻で、第2子妊娠中のキャサリン妃(33)が5月2日午前8時34分(現地時間)、第2子となる女児を出産した。母子ともに健康だという。
「ベイビー、愛しているよ」 イギリス王室のウィリアム王子が結婚前のキャサリン妃の"ラブコール"が廃刊となったイギリス大衆紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」に盗聴されていたことがわかった。ロンドンの裁判所で開かれた同紙の盗聴事件をめぐる公判で...
将来の国王となる第一子の男児を出産したイギリス王室のキャサリン妃(31)は23日夜(日本時間24日未明)、夫のウィリアム王子(31)とともに入院先のロンドンの病院を退院し、病院前で赤ちゃんを披露した。関心が高まっている赤ちゃんの名前について王子は「まだ考えているところ。できるだけ早く決める」と答えた。
ロイヤルベビーの出産ニュースにわく英国だが、王室の近代化を象徴するウィリアム王子とキャサリン王妃のカップルは、育児も現代流を指向している。王室では従来、公務で忙しい両親に代わって乳母が育児やしつけを担うのが伝統だが、英メディアの報道によれば夫婦はできるだけ自分たちの手で普通の子育てをしたい意向だという。
イギリスのウィリアム王子(30)の妻キャサリン妃(31)が入院先の病院で出産し、第一子が誕生した。王室が同日夜発表した声明によると、王子は午後4時24分(日本時間23日午前0時24分)に生まれた。体重は8ポンド6オンス(約3800グラム)。母子ともに健康という。