kyosei

武蔵野大学を訪れたイラン出身の石野シャハランさん。大学生たちに行った特別授業で訴えた「外国人社員との共生」とは。
ニューヨークの地下鉄で撮影された写真が話題になっています。
どうしたらコペンハーゲンという首都とロラン市という地方都市が双方にとってメリットがあり、一過性ではない、永続的で未来志向の関係性が築けるのか。
大阪市中央区のミナミの繁華街では外国にルーツを持つ子が増え、地元小学校や地域は取り組みを進めている。現地から報告する。
大切なのは、「何の障害をHaveしているか=何に困っているか」なんですよね。
日本という社会は、大学生になっても、社会人になっても親が出てきたりする。それはわが子の成長を阻害する行動だと思ったほうがいい。
「大自然、そこにはいつも生き物たちが織り成す、不思議と感動があります。さぁ大自然の真っただ中へ。生き物地球紀行。新しい出会いを求めてとっておきの地球の旅の始まりです
必要なことは、まわりからあれはだめだこれはだめだと騒ぎ立てるのではなく、科学的、社会的な許容範囲や適切な方法はこれと示しつつ、外部の目も導入しつつも、現場の指導者にある程度の裁量の余地を残しておくことなのではないだろうか。