kyoseirodo

北朝鮮政府は刑法を改正して私的取引を理由とした「経済犯罪」を廃止するとともに、関係当局にこうした逮捕を止めるよう命ずべきだ。
流行に敏感でサブカルチャーを好む、いわゆる「ヒップスター」と呼ばれる人たちは、一般的に社会問題の解決に前向きな人たちだが、例えば彼らのコーヒーを飲むといった習慣が、違法な「奴隷労働」を支えていることがあるという。
戦時中に日本に強制連行され過酷な労働を強いられたとして、中国人元労働者ら40人が三菱マテリアルなど2社を相手取り1人100万元(約1900万円)の損害賠償を求めた裁判で、北京市第1中級人民法院(地裁に相当)は7日、双方の意見を聞いた。
イスラエルのタイ人農業労働者は深刻な労働権の侵害に見舞われている。
歴史にまつわる謝罪や賠償の話になると中国や韓国のメディアは「日本はドイツを見習え」という論調になりますが、もし中国や韓国がフランスを見習ってくれればこんな話はとっくに終わっているはずです。実際、東南アジアの国々は日本の謝罪を受け入れてすでに未来志向の関係を築いています。
信じ難いことだが、金儲けのために人間を奴隷にしたり、少女を性的に搾取したり、子供たちに過酷な労働を強制したりする人たちは現代にもたくさんいる。
人権保護と民間人保護に関するビルマ国軍の劣悪な現状は、PKO活動が世界各地で尊重することが期待される水準と合致しない。国連がビルマ国軍をPKOに参加させることは、いかなる形であれ、国連の評判を大きく損なう危険性を伴うものであり、国連内部で人権問題への関心を高めようという近年の取り組みとも矛盾するものだ。
日韓関係は、戦後最低の水準にあると言ってもいい。多くの観察者にとって、これは奇妙に見える。日中関係の悪化は、極めて遺憾なことではあるが、一定の構造的な理由がある。
オレゴン州に住む母親のジュリー・キースさんは2012年10月、近所のスーパー「Kmart」で買ったハロウィンの飾り付けの箱を開けた。中身は安っぽいデザインの飾り付けだったが、その中国製の飾り付けのすき間に手紙が押し込まれているのをキースさんは見つけた。その内容は、キースさんが29ドルで買った「血まみれの墓石」を模した飾り付けよりも、はるかに心をかき乱されるものだった。
10月17日、現代の奴隷問題を解決する活動を行う「ウォークフリー・ファウンデーション」(WFF。本部・オーストラリア)が発表した報告書「世界奴隷指標」で明らかになったよると、世界で2900万人以上が奴隷として生活しているという。