kyoso-kyoiku

多様なミームを受容できる社会――そんな社会こそ、人類を進歩させる原動力になる。私たちが目指すべき社会であり、グローバル化によって現実になろうとしている社会だ。