kyotogiteisho

新たな京都会議は、1945年にサンフランシスコで開催された国際連合会議のように、真摯な目標を掲げるべきである。
太平洋上に浮かぶ、海抜の低い島国にとってみれば、地球温暖化による海面上昇はまさに死活問題です。
12月12日、第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)は2020年以降の地球温暖化対策の新たな枠組みとなる「パリ協定」を採択した。
フランス・パリで開催されていたCOP21で採択された「 パリ協定」。WWFジャパンのコメントは?
COP21は、20年にわたり、国際交渉の場で、確かな温暖化の防止につながる約束と取り組みを求め続けてきた、私たちWWFにとっても、正念場となる会議です。
2015年10月19日~23日、ドイツ・ボンにおいて、2015年4回目の国連気候変動会議が開催されました。
現在、国連では、気候変動(温暖化)に関する、2020年以降の新規かつ包括的な国際枠組みを作るための国際交渉が続けられています。
2015年8月31日~9月4日、ドイツ・ボンにおいて、2015年3回目の国連気候変動会議が開催されます。
足元が固まらず遅れをとる日本。国内動向をみると著しい迷走ぶりに暗雲が漂うばかりだ。日本はどこへ向かうのか。
原発の再稼働やエネルギー・ミックスでの位置付けが決まらないから再エネにも力が入らない。この停滞は早く解消するべきだ。