kyowato

2016年のアメリカ大統領選に向け、民主党のヒラリー・クリントン元国務長官の支持率の差が、対抗馬と比較してかなり縮んでいることが最新の世論調査で明らかになった。
オバマ大統領の娘2人がホワイトハウスで行われる毎年恒例の「七面鳥の恩赦」の行事に参加しました。2人がカジュアルな格好で不機嫌そうに立っていたことに怒りを覚えた共和党議員スタッフがいました。
米国では、移民法の扱いを巡って、野党共和党とオバマ大統領の間で対立が激化している。オバマ大統領は11月20日に国民向けの演説を行い、大統領令による移民制度の大規模な改革を発表した。
共和党知事の誕生で、住民の生活に直結するオバマケア(Patient Protection and Affordable Care Act)はどうなるのでしょうか。
米中間選挙で上下両院を制した共和党は、この勝利を今後にどう生かすかをめぐって内部の足並みがそろっていないように見受けられる。
駐日米大使として日米関係の強化に当たった知日派のハワード・ベーカー氏が6月26日、脳卒中に伴う合併症のため南部テネシー州の自宅で死去した。88歳だった。
黄金週間を利用して4月30日から5月6日まで訪米致しました。
アメリカ民主党のハリー・リード上院院内総務(ネバダ州選出)は11月5日、仮にLGBT(レズビアン/女性同性愛者、ゲイ/男性同性愛者、バイセクシュアル/両性愛者、トランスジェンダー/性同一性障害のうち、外科的手術まで望まない人)の雇用差別を撤廃する「雇用差別禁止法(ENDA)」が上院で採決されたら通過するだろうという見通しを示した。しかし問題は、共和党のジョン・ベイナー下院議長が下院で採決に持ち込ませない可能性があることだ。
ハフィントンポスト各国版10月22日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。ハフィントン・ポストUS版では、これらの攻防を上院指導者の民主党ハリー・リード院内総務へのインタビューで振り返っています。リード院内総務は、7月に行なわれたオバマ大統領との会談時に、「私たちはイカレた奴らに振り回されるのはもう終わりにしようと合意した。大統領は、『私は(共和党の)交渉に応じない』と言い、私もそのつもりだと答えた」と語りました。
10月16日夜、政府機関を再開し、債務上限を引き上げるための暫定予算案が上院で採決され、賛成81票、反対18票で連邦政府の再開と国の債務上限引き上げが可決、続いて下院で採決され、賛成285票、反対144票で可決された。