kyugyoyosei

内閣官房と国税庁が、酒の提供自粛に応じない飲食店との取引停止について、卸業者を含む酒販などの関係団体に文書で依頼していた。
全興連は声明で「多くの映画が中止や延期の判断に追い込まれつつあります」と苦境を打ち明けています。
期間は、緊急事態宣言が発令される4月25日(日)から5月11日(火)。
酒類を提供する飲食店や、百貨店や量販店、映画館などを含む大型施設に休業要請。
東京都や神奈川県など首都圏1都3県が、緊急事態宣言を発令するよう政府に要請する方針を固めたと報じられています。2度目の宣言が発令となるか、注目が集まっています。
大学入学共通テストについても「感染予防をして、予定通り実施する」と述べました。
7月1日の運営再開から約2週間。首都圏を中心に感染数が再び増える中、西村康稔経済再生担当大臣が首都圏での休業要請の検討を示唆したが...運営側の対応は?
西村経済再生担当大臣がガイドラインを公表。アクリル板の設置や、マスク、フェイスシールドの着用を求めた。
入場者数などの目安を設けた上で、制限を緩和していく方針です。
入店時の検温や人数制限、距離の確保、マスク着用など、さまざまな対策を講じたうえでの営業です。