kyukyuiryo

医療現場の長時間労働は、医療の効率性を低下させているだけでなく、患者さんの満足度を低下させる主たる要因になっています。
アジアの田舎にいる彼らは病院で死の床に就くと、必ず私たちに村へ帰りたいと懇願する。昔の日本人たちのようだ。
推定3,000人越えの東電、除染、その他の工事関係者が住んでいるこの町の、被災地の医療の現状をお伝えしたいと思います。
救急の現場でどのような課題があるのでしょうか?新潟市民病院の救急医として働いている佐藤信宏先生に伺いました。
腎泌尿器科メインの病院が2次救急体制を構築するという大目標に向かって、半歩、いえ4分の1歩ずつ千里の道に向かって歩みを進めています。
私は看護師です。今春、東京から福島県いわき市に移り住み、市内の公益財団法人ときわ会常磐病院で勤務しています。
子どもって、夜間や休日に限って熱を出したりしますよね。かかりつけ医が閉まっていた場合、救急病院へ行くのも大変です。家ではどのようにケアをしたら良いのでしょうか?
救急医療の崩壊が騒がれるようになり、夜間の受診に慎重になる人が増えている一方、慎重になるあまり症状を悪化させてしまう人もいる。
いったん心肺停止してからの蘇生措置で心拍が再開した後に、水素ガスを吸入させることによって、生存率や脳機能低下を改善することを、慶應義塾大学医学部の林田敬(はやしだ けい)特任助教(救急医学)と佐野元昭(さの もとあき)准教授(循環器内科)らがラットの実験で発見した。
先日、小児科外来に生後4ヶ月の赤ちゃんを連れたお母さんがやってきました。下痢が4日間続いているそう。しかし前日に区のやっている夜間診療所に行ったところ、「なんで来るのが遅いの。」と医者に言われたとのこと。お母さんは涙目でした。