kyushogatsu

小学生たちは、荷物を開封し、床のあちこちへ撒き散らし、踏みつけた。住民の中には、床に撒かれていた食用油を踏んで転倒した人もいたという。
黒竜江省や河北省などで感染者が相次いで見つかっているほか、北京市では変異株の感染者も2例確認され、一部区域で封鎖措置が取られている
2020年は1月25日が旧暦の元日にあたります。中国ではのべ30億人が帰省などで大移動すると言われています。
今は「敵」同志のあの国のトップが仲良く登場、実は......。
日本より祝日の数は少ないですが、多民族国家ゆえにそれぞれの宗教に関連したお休みが多くユニークなのです。
アジア各国では今もこの暦で行事を祝う国が多い、太陽太陰暦について紐解きます。
2月19日、中国で旧正月の「春節」を迎えた。春節と言えば、花火や爆竹を鳴らす風習で有名だが、近年は大気汚染への影響を理由に、自粛が求められている。だが、北京で行われたパレードは、まさに年に一度のお祭り、とばかりに華やかだ。
出会いは最悪だった。ホーチミンの空港は、テト(旧正月)に地元へ帰る人で混雑していた。列は誘導されず、搭乗手続きは遅々として進まない。
日本で活躍する外国人のライフヒストリーを伝えるMy Eyes Tokyo、旧正月に縁の深い人たちのインタビューのラストは、日本LOVEな中国人映画監督、ジャン・チンミンさんです。日中共同制作映画『東京に来たばかり』でメガホンを取りました。
日本で2014年を迎えてから1ヶ月、中華圏を中心としたアジア各国で"旧正月"を迎えました。皆様、改めて「明けましておめでとうございます!」ハフィントンポストの読者の皆様には、My Eyes Tokyoがかつて行った、旧正月をお祝いする国々にまつわる方々のインタビューをお送りしたく思います。