kyushudenryoku

福岡市のJR博多駅前で11月8日早朝に起きた大規模な道路陥没事故。現場や周辺の様子を画像で紹介する。
8日早朝、福岡市博多区のJR博多駅前で、道路が複数の車線にわたって陥没しているのが見つかった。
太陽光や風力といった再生可能な自然エネルギーに新たな可能性が見えてきました。2016年5月、この一カ月間に、九州電力管内で再エネの導入率が20%を超えたのです。
「県民の不安に応えるためにも、いったん止めて再点検してほしい」と述べ、熊本地震の影響や原発周辺の活断層について調査、点検するよう求めた。
集落では土砂が崩れて9世帯の住宅が被災、2人が亡くなっている。
住民側は最高裁への特別抗告などを検討しているという。
九州電力は15日午前、川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を起動し、再稼働させた。
九州電力は8月10日、鹿児島県薩摩川内市の川内原発1号機(89万kw)を、11日に再稼働すると発表した。
一つ一つステップを踏んで進めていくならば、技術大国日本において、変動する自然エネルギーを制御しながら大量導入してくことは、必ず実現できるとWWFは考えます。
九州電力を含む電力各社の再生可能エネルギー接続保留問題。この問題をめぐり今、日本の電力系統システムがクローズアップされています。果たして電力各社の言うとおり、既存の日本の電力系統システムにおいて、再生可能エネルギーを大幅に導入することは、本当に不可能なのでしょうか?