Let It Go

「アナと雪の女王」を監督したジェニファー・リー監督自身ですら、「アナ雪」ブームがもうそろそろ潮時だということを知っているようだ。
寒さに凍えながら、でも一度は見る価値のあるクリスマスショーだ。
大ヒットしたディズニー映画「アナと雪の女王」本編の続編企画が進行しているという。
最近流れたニュースによると、3月から日本で公開されていたディズニー映画「アナと雪の女王」の観客動員数が8月25日、ついに2,000万人を超えたそうです。
ついに「声だけで演奏したアナ雪」が登場
少子化をめぐる固定的な社会意識が個人の生き方を束縛してはならないと思う。子どもを持つ人も持たない人も、ともに"息苦しい"社会意識の中に暮らしている。
主題歌のタイトルになっている"Let It Go"は、直訳すれば「そのままにしておく」や「あきらめろ」という意味だが、日本語版の訳詞では、『ありのままの姿見せるのよ/ありのままの自分になるの』と、自分を偽った生き方から、自由に「ありのまま」生きる人生に変わるための応援歌になっている。
「アナと雪の女王」のヒロインが、マイケル・ジャクソンの名曲「スリラー」を踊っている!
大ヒット中のディズニー映画「アナと雪の女王」のサウンドトラック盤が、12日付オリコン週間アルバムランキングで1位を獲得したことが5日、分かった。