line

愛知県教育委員会は14日、同県瀬戸市の県立高校に勤める男性教諭(46)が無料通話アプリ「ライン」で教え子に不適切なメッセージを送ったとして、停職3カ月の懲戒処分にし、発表した。男性教諭は同日に退職願を出したという。
先日、日本のIT/電気企業の現状を肌で感じてみようと思い、CEATEC(IT&エレクトロニクス産業の日本最大の展示会 )に出かけてみた。だが、ある程度予想していたことだが、大半は昨年とほとんど変わらないコンセプトに、多少新しげなしつらいをかぶせただけのもので、正直興ざめしてしまった。
日経新聞が10月25日、LINE株式会社が来年夏をめどに東証に上場すると報道した。LINE広報部は「当該報道について、決定した事実はございません」とハフポスト日本版の電話取材に対して回答している。
子供たちの間では、ネットにまつわる様々な問題が日々浮上し、学校でも対応を迫られる場面が多い。最近では、LINEなどのアプリなどによる友だちとのグループトークで、「既読」をスルーしたことがいじめにつながるケースもあるという。そこで、福岡を拠点に、子供のインターネット利用について考える「子どもねっと会議所」を主宰し、学校での講演活動などを行う井島信枝さんに、子供たちがSNSを使うことで直面する問題について伺った。
元恋人や元結婚相手によって、プライベートな写真や映像を別れた後にネットに投稿されてしまう「リベンジポルノ」。こうした個人情報がネットで拡散される被害が今、世界的な社会問題となっている。しかし、規制を強めることに対しては、「表現の自由」にも深く関わるために慎重な意見もみられる。誰でも手軽にネットで情報を送受信できる社会で、この問題はネットを使うすべての人々に関わってくる。被害の発生を防ぎ、また拡散しないために私たちは何ができるのだろうか?
日本やアジアを中心に、世界で進撃を続ける「LINE」に、海外メディアの関心は高い。ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、いまのところ米国のスマートフォンユーザーの間ではあまり話題に挙がっていない、としながらも、類似アプリ「WhatsApp」を脅かす存在であり、さらにはFacebookやTwitterの潜在的な脅威になりえる、と報じた。
日本列島にブームを巻き起こしているNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」が9月28日、ついに最終回を迎える。当日は各地で最終回を一緒に盛り上がるイベントが企画されている一方、毎日ドラマを楽しみにしてきたファンの間では、放送が終了してしまう喪失感による「あまロス症候群」も懸念されている。「あまちゃん」とは何だったのかを振り返りながら、やがて私たちに必ず訪れるであろう「あまロス」にどう備えるべきなのかを模索する。
ネット選挙解禁を受けて開設された、政党の公式LINEアカウント。今後も運用を続ける方針を明らかにしたのは、公明党と民主党の2党となった。
全世界で2億3000万人、国内で4700万人のユーザーを抱える、巨大プラットフォームとなったLINE。通話・通信アプリの利用状況や、スタンプの売上に注目が集まるが、事業構造はどうなっているのか。
スマホ用の通話・通信アプリ「LINE」内でやりとりされるスタンプの売上が、2013年7月単月で10億円に達していることがわかった。8月21日に開催されている、同社主催のイベントで執行役員の舛田淳氏が明らかにした。