mainasukinriseisaku

世界的にもマイナス金利政策の注目度は益々高くなっている。
短期的な円安、株高効果は期待外れに終わり、金融仲介機能が低下するという長期的なデメリットが心配されます。
センセーショナルなアナウンスメント効果に比べれば、やっていることは実はそれほど過激ではないのです。