malaysia airlines japan

南シナ海上空で行方不明になったマレーシア航空MH370便(ボーイング777―200型機)が、消息を絶つ直前に、出発地のクアラルンプールに引き返そうとした可能性があることが9日、分かった。ただ管制への連絡はなく、当局は何らかの突発的なトラブルに見舞われた可能性があるとみて調べている。
アメリカ政府当局者は、マレーシアから中国に向かう途中南シナ海の上空で消息を絶ったマレーシア航空機の調査を支援するため、要請があれば連邦捜査局(FBI)の捜査員チームをマレーシアに派遣する用意があることを明らかにした。「テロの可能性を排除していないため」という。
乗客乗員239人を乗せたマレーシア航空MH370便ボーイング777が、ベトナム沖の南シナ海に墜落した可能性があるとハフィントンポストUK版が伝えている。マレーシアのセリ・ヒシャムディン運輸大臣は「あらゆる可能性を視野に入れている」と述べ、テロ攻撃の可能性も示唆した。