mandera-minamiafurika

12月5日に亡くなった南アフリカのネルソン・マンデラ大統領の追悼式がヨハネスブルグ市内のソウェト地区にあるFNBスタジアムで現在行われている。会場は2010年ワールドカップの閉会式が行われたスタジアムで、マンデラ元大統領が公に姿を見せた最後の場所である。
歴史的な人物が亡くなると新聞各社はその追悼記事に全力を尽くすが、去る先週木曜日、95歳で亡くなったネルソン・マンデラ氏に敬意を表する新聞紙面の数々はとても力強いものばかりだ。
2013年12月5日のネルソン・マンデラ元大統領の死去は、南アフリカ共和国のみならず世界にとって大いなる損失である、と本日ヒューマン・ライツ・ウォッチは述べた。
南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ元大統領が12月5日、死去した。95歳。南アフリカのズマ大統領がテレビを通じて発表した。
南アフリカ大統領府は1日、6月から入院が続いていたネルソン・マンデラ元大統領(95)が同日、退院したと発表した。ただ、マンデラ氏の容体は依然として重篤で時々不安定になることがあり、最大都市ヨハネスブルクの自宅で入院時と同レベルの集中治療を続けるという。
入院中のネルソン・マンデラ元大統領が18日、95歳の誕生日を迎え、各地で祝賀の催しが開かれた。マンデラ氏が入院している首都プレトリアの病院前では回復を願う多くの市民が集まり、歌や踊りで祝った。南アフリカの大統領府は18日に声明を発表し、「医師団はマンデラ氏の容体が着実に改善していると話している」と発表。
南アフリカを訪問中のオバマ米大統領は30日、大統領が「英雄」と呼ぶマンデラ元大統領が政治犯として収監された刑務所跡のある南西部ケープタウン沖の「監獄島」、ロベン島を訪れた。大統領は元収監者の案内で所内を回り、マンデラ氏が収監された監房も見学した。
南アフリカ大統領府は23日、ネルソン・マンデラ元大統領(94)の容体について「危篤」と発表した。マンデラ氏は昨年12月以降、入退院を繰り返しており、今月8日に緊急入院していた...