manerondaringu

女性が妊娠しやすくなる「妊娠菌」が付着したとする商品が人気フリマアプリ「メルカリ」に出品されていたことが問題となり、メルカリの運営会社が妊娠菌商品の削除を始めた。
中国を含めた国際社会は、北朝鮮に圧迫を加えつつも「出口」を探すしかない。
(BLACKHAT /2015)システムに対して攻撃する"悪意を持ったハッカー"「ブラックハット」がその題材である。ネットワークに不法侵入されたことで香港の原子炉が破壊される。
中国政府による汚職撲滅運動は、国営メディアにも変化を与えている。これまでの慣行を破り、大手国有企業などの不正行為を報道し始めている。
安倍首相の靖国参拝に対して「失望した」と声明を発表した米国政府、それに対して「アメリカは失望したというが、むしろ我々が失望だ」とした衛藤晟一総理補佐官、歴史認識に端を発して日米関係のグラつきが報じられている。
日米重大犯罪防止対処協定つづき。今回のこの協定の対象に外務省がしようとしているのが、死刑、無期または長期三年以上の罪すべてと長期一年以上で協定の議定書に盛り込まれたもの。中には文化財に関する詐欺事件などというものがある。これが重大犯罪なのかというと、テロリストのマネーロンダリングに使われる可能性があるからという。
ネット上で取引される仮想通貨「ビットコイン」について、中国の中央銀行が信用性を疑問視する通達を出したことがきっかけとなり、取引価格が暴落した。
ビットコインという電子マネーをご存知だろうか。ビットコインとは、ネット上で取引される「仮想通貨」の一つである。ビットコインは銀行などを介さないので決済手数料が非常に安く、ピアツーピア(P2P。接続されたコンピューターが専用のサーバーを介さないで直接コミュニケーションがとれるネットワーク形態)で取引でき、獲得したビットコインはデジタルウォレットに貯蓄することができる。ただし、通常取引されるドルや円といった通貨と違って政府や中央銀行、現物資産などの裏付けがない。