manhattankeikaku

カリホルニウムが放つまばゆい緑色光の起源とその明るい未来について、フロリダ州立大学のThomas Albrecht-Schmittが説明する。
70年前、父ポール・オラムはニューメキシコのアラモゴードの近くの砂漠で同僚たちと立っていた。
アメリカのホスピスで音楽療法士として働くあいだ、戦争を経験した多くの人々に出会った。私にはもう一人、忘れられない人がいる
まるで「人工知能のマンハッタン計画」のようだ。そのように、グーグルの最近の動きがたとえられている。第2次世界大戦中に米国や英国などの連合国が科学者や技術者を総動員して原爆開発計画に注力したように、グーグルが人工知能(AI)の研究・開発のために優秀な科学者や技術者をがむしゃらにかき集めているからだ。
ハンフォード・サイトは、アメリカで最も汚染がひどいと言われている核施設だ。原子爆弾作成のマンハッタン計画でプルトニウムの精製が行われた場所であり、その後の冷戦時代も精製作業が続けられた結果、アメリカで最大級の核廃棄物をかかえた場所として、その処理が継続されている。