manindensha

英語で「東京のラッシュ・アワーは世界的に有名ですが、COVID-19による緊急事態宣言下で奇跡的に姿を消した」と呟かれていた。
路線の混雑傾向を4段階のアイコンで表示する「混雑トレンド機能」。
「もし第2波が来たら確実にここ(満員電車)がクラスターになる」。通勤客の中には、再びの感染拡大に懸念を示す人もいた。
緊急事態宣言解除後、生活に戻ろうとした時、「3密」が懸念される場所のひとつが“満員電車”だ。
感染拡大を防ぐため時差通勤などの取り組みが実施される中、「なぜ満員電車については触れないのか」などと、疑問の声も出ていた。
うまく活用すれば普段の通勤電車や、イベントなどに伴う混雑も回避できるかもしれない。
日増しに東京で働いてる人のストレスが高まってる気がする。
痴漢の結末は実に多種多様である。被害者と加害者がもはや解らなくなっている。
サラリーマン稼業も長くなってくると、エネルギー消費を抑える“スタイル”が人生効率的に望ましくなってくることがある。
今ある2階建て電車とは違い、車両もホームも2階建てにするというユニークなアイデアですが、実現できるのでしょうか。