真ん中の私たち

完全な定住を求めなくても、3分の1とか5%でもぼくはいいと思っていて。そういう関わり方が、今後おもしろくなっていくんじゃないかなと思っています。
JTが飲料事業から撤退すると発表したことを受け、「桃の天然水はいつまで買えるのか」という声があがっている。
京都・三条橋、春日神社、富士山……江戸から明治へと時代が変わった19世紀末の日本の姿。モノクロ写真に絵師が色を付けたものを、外国人はおみやげとして買い求めた。
東京圏から地方に移り住むというと、大都会の生活を嫌って大自然の中で生活したいという人の話が取り上げられることがあるが、全体の人口移動からすればそうした人はわずかだろう。
今は英語がほぼ国際標準語と考えてもいいと思いますが、「西洋人」だと見ると、英語で話しかけるという日本人の習慣はちょっと恥ずかしいのではと、思いました。
9月28日(日)、サイボウズ本社にて「移住フェス 第0回」が開催されました。
18カ国ならびにEUのフォト・エディターたちが、ウィルソンさんの依頼に応じて生み出した作品には、世界各地の文化が女性に対して抱く期待がとても多様であることと、すべてに適合することは難しいことがわかるだろう。
レシピブログでは、20代~60代以上の男女を対象に、「外国人をおもてなしする際に食べさせたい家庭料理(和食)」についてのアンケートを行いました。
少し前のことですが、わたしも外国人の友人を餃子の王将に連れて行ったことがある。2週間の旅行の為に初来日したAnaとAlexは、3月に私がノルウェーで出会ったお友達に紹介されたカップル。
フリーランスのプランナー・ディレクターとして活躍し、「東京・福岡の2拠点生活」を始めたカズワタベさんへのインタビュー。福岡に移住した動機、働き方、そして熱視線を浴びる福岡の現状について伺いました。
PRESENTED BY エン・ジャパン