manshon-keisha

旭化成は11月2日、横浜市都筑区のマンションで杭のデータ偽装を行った現場責任者が関わった41件の工事のうち、6都県の19件で偽装があったことを確認したと発表した。
横浜市内のマンションが傾き、建物を支える杭(くい)の検査データが改ざんされていた問題で、改ざんに関わった施行管理者が茨城県東海村にある「ニュートリノ」の実験施設も担当していたことが分かった。