marara-yusufuzai

17年ぶりに帰ってくるあの友人たち、そしてこのゲスト。一体どんな内容になるのか……
「若い難民は、今後世界に平和をもたらしてくれる未来のリーダーたちです」
「難民キャンプにいる人々が困窮している。トランプ大統領がそれを理解することが大切です」
「あなたがイスラムについて話すたびに、そして全てのイスラム教徒を非難するたびに、私たちの中からさらに多くのテロリストが生まれます」
ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさん(18)が、イギリスの全国中等教育終了統一(GCSE)試験でオールAの優秀な成績を取った。
ノーベル平和賞受賞者マララ・ユスフザイさんが12日、レバノン東部のシリア国境に近いベカー平原のシリア難民キャンプに女学校を開校した。女子教育を支援するNGO「マララ基金」が資金を提供した。
マララ・ユスフザイさんが、ミャンマーのイスラム系少数民族でイスラム教徒のロヒンギャの迫害を止めるよう、同国の首脳や当局者に向けて呼びかけている。
アメリカ航空宇宙局(NASA)が4月15日、火星と木星の間にある小惑星に、2014年のノーベル平和賞受賞者、パキスタン人のマララ・ユスフザイさんの名前にちなんで、「316201 Malala」と名付けたと発表した。
世の中には、無視するわけにはいかない声が山のように多くあります。あなた方が代表している人々の声です。地球上のあらゆる場所にいる、全ての年代の人々の声です。
「日本を元気にする会」のアントニオ猪木参院議員は1月21日、ノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんとイギリスで面会した際に、日本訪問を要請したことを明らかにした。