mareshiaki

レユニオン島の海岸に打ち上げられた飛行機の残骸は、マレーシア航空機のものと一致している。
昨年3月に南シナ海で消息を絶ったマレーシア航空機の可能性がある翼の残骸が29日、インド洋のフランス海外県レユニオン島で見つかり、マレーシア政府は調査チームを派遣した。
イギリス人のシニアパイロットがマレーシア航空370便が消えた謎を解明したかもしれない。
2014年3月8日、クアラルンプールから北京に向かう途中、乗員乗客239名を乗せ姿を消し、未だ見つかっていないマレーシア航空370便。4月末で打ち切られた捜索が、オーストラリア政府によって9月にも再開されるという。
298人が乗ったマレーシア機(ボーイング777)の撃墜のような大事件が発生すると、ソーシャルメディアには、膨大なニュース記事、写真、動画があふれる。そして、衝撃的なコンテンツは、一気に拡散していく。だが、その中には、全くの偽情報も紛れ込む。
ウクライナの内務省顧問、アントン・ゲラシチェンコ氏は7月19日、マレーシア航空機が墜落したウクライナ東部の現場で、火事場泥棒が発生している
オランダのフランス・ティマーマンス外相は、7月17日にウクライナ東部で墜落したマレーシア航空機の現場で乗客・乗員の遺体が「引きずり回されている」と述べ、遺体が適切に収容されていないことを批判した。
マレーシア航空機のウクライナ東部での墜落では、子供たち80人を含め、大勢の民間人が命を奪われた。
マレーシア航空の旅客機がウクライナ東部で撃墜された事件を受け、国連の安全保障理事会が緊急会合を開いた。欧米各国やウクライナが撃墜は親ロシア派の武装集団によるものだと非難したのに対し、ロシアは領空の安全を確保する責任はウクライナ側にあったと反論した。
マレーシア航空機がウクライナ東部上空で撃墜されたとみられる事件で、ウクライナ内務省は、使用された可能性のある地対空ミサイル「BUK」(ブク)一式を、親ロシア派がトレーラーに載せてロシア領に向けて運搬しているのを確認したと発表、映像と写真をホームページで公開した