mareshiakoku-fumei

マレーシア航空370便が消息を絶ってから7週目を迎えたが、捜索に投入された米海軍の無人潜水艇も手掛かりをつかめないまま、まもなく活動を終了する見通しとなった。また、現場海域にはサイクロンが接近しており、捜索への影響が懸念されている。
3月8日から行方不明となっているマレーシア航空MH370便について、4月5日、捜索を行っている中国の巡視船がインド洋南部で周波数37.5キロヘルツの電子信号を探知したと中国の新華社通信が伝えた。この電子信号がMH370便からのものであるかどうかは不明だが、オーストラリア当局は、この周波数は民間航空機が搭載する飛行記録を収めたブラックボックスが発するものと同じ周波数と述べている。
消息不明となっているマレーシア航空機の捜索活動で、フランス政府は23日、機体の一部の可能性がある浮遊物体の画像を同国の人工衛星がインド洋南方で撮影したと明らかにした。
乗客・乗員239人を乗せたマレーシア航空370便が消息を経ってから、2週間が経過した。3月21日には、オーストラリア西部・パース沖に同機の可能性がある2つの物体を確認したという情報のもと、インド洋南部でさらなる捜索が行なわれたが、有力な手がかりはは見つからなかった。朝日新聞デジタルなどが報じた。
3月8日に南シナ海上空で消息を絶ったマレーシア航空370便について、マレーシアのヒシャムディン・フセイン運輸大臣代理は22日、定例記者会見で新たに中国の人工衛星が撮影したインド洋上にある浮遊物の画像について声明を発表し、中国の船が調査のため現場に向かっていると述べた。BBCが報じた。
消息不明となっているマレーシア航空370便に関連すると思われる2つの物体が南インド洋で20日に見つかり、翌日の21日も捜索が続けられているが、いまだ発見には至っていない。
消息を絶った北京行きのマレーシア航空機について、オーストラリアのアボット首相は3月20日、人工衛星の画像から、インド洋の南で同機の可能性がある2つの物体が浮いていることを確認したと明らかにした。現場海域に航空機を派遣し、確認を急いでいるという。
南シナ海で消息を絶ったマレーシア航空370便。消息不明から19日で11日が経過し、捜索活動には手詰まり感が漂ってきた。外交官や専門家からは、軍事情報の共有を渋る国が多いことも、捜索の妨げになっているとの声が聞こえる。
マレーシア航空370便が南シナ海で消息を絶ってから18日で10日が経過。同機の捜索は現在、オーストラリアの国土面積に匹敵する範囲で行われている。しかし、警察や情報機関は、同機が消息を絶った理由を説明する手掛かりを依然つかめていない。
マレーシア航空370便の捜索は、何の手掛かりもつかめぬまま6日目を迎えた。航空史上「前代未聞の謎」とされた今回の問題は、ここへきて、マレーシア政府のリーダーシップの欠如に国際的な批判が集まっている。