marukosumotodaitoryo

フィリピンのベニグノ・アキノ3世(愛称ノイノイ)が30日、6年の大統領任期を終える。しかし私は「もったいない6年間」だったという印象をぬぐえない。
フィリピンはいま6年に一度の大統領選を含む統一選の真っ最中だ。「独裁者の息子」ボンボンは副大統領に立候補している。
台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島の復興をめぐって、あらたな問題が表面化している。被害が集中したタクロバン市は、かつてのフィリピンの独裁者マルコス元大統領の影響が強い地域で、アキノ現政権との関係がよくない。政治的対立が復興の妨げになるとの懸念が浮上している。