matayoshi-akutagawasho

お笑いコンビ・ピースの又吉直樹(36)の長編小説第2作『劇場』が、3月7日発売の文芸誌『新潮』4月号(新潮社)で連載開始となることが、明らかになった。
「ピース」の綾部祐二さんが8日、来年4月から活動拠点をニューヨークに移すことを明らかにし、相方の又吉直樹さんらお笑い芸人らがTwitterでエールを送った。
芥川賞に決まったお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんの小説「火花」について、文芸春秋は21日、さらに20万部増刷すると発表した。累計発行部数は124万部になる。
過去の主な受賞者には、どんな人がいるのだろう? ここで改めて振り返ってみよう。
小説『火花』が『第153回芥川賞』に選出されたお笑いコンビ・ピースの又吉直樹(35)が16日、都内で行った受賞会見には、お笑い芸人として初の快挙を成し遂げた又吉の第一声を取材しようと異例の数、約350人の報道関係者が詰めかけた。
お笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんによる初の純文学作品「火花」を読んでみた。注目を集めているこの作品のあらすじを紹介する。