matsuda

ハロウィーンのシーズンに合わせて、最も信頼できないと評価を下されたパーツやシステムで構成された、まさにオーナーにとっては悪夢のようなクルマが発表された。
「Mazda RX-VISION(マツダ・アールエックス・ビジョン)」は、今年の東京モーターショーに出展されたモデルの中で特に際立つ1台と言えるだろう。
ハフポスト日本版が、28日のプレスデーで撮影してきた「未来のクルマ」を一挙に紹介しよう。
今回行った最新のテストで、メルセデス・ベンツ、ホンダ、マツダ、三菱の車両から、基準値を大きく上回るNOxが排出されていたことが判明。
マツダは、10月30日(水)から一般公開される第44回東京モーターショーで、スポーツカーのコンセプト・モデルを世界初公開すると発表。
第4世代の新型マツダ「MX-5ミアータ」(日本名:ロードスター)は、たくさんの素晴らしい点があるが、先代よりも最高出力がダウンしたことについて揶揄されている。
さて日本の自動車産業では、トヨタが国内向けのランドクルーザーに新しい2.8リッターのクリーン・ディーゼルエンジンを搭載したマイナーチェンジ車をリリースしたというニュースが目に入りました。
マツダは、5月21日に発売した新型マツダ「ロードスター」の累計受注台数が6月21日時点で5,042台となり、多くのユーザーから高い評価を得ているとに発表した。
オープン・ワールドのレーシング・ゲーム『Forza Horizon 2』なら、実車に先駆けて新型MX-5のドライブが間もなく可能になる。
マツダは、2015年1月9日~11日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン 2015 with NAPAC」に、日本では初公開となる新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を出展する。