mediariterashi

離れてしまった読者の心をもう一度つなぐ、西日本新聞から地方紙に広がる「あなたの特命取材班」はどうして誕生したのか。そこに、報道の未来がある。
パートナーシップ協定を結んだTwitter Japan社は回答。「今回のような運用は想定外」
「人間には、ありのままの現実を捉えることができない」これが、心理学的な人間理解の<スタートライン>だ
情報や映像は切り取られたものなんです。そういう「性質」の上に成り立ったうえで、表現がある。
英BBCはファクトチェックの専従チームを拡充し、ブレイキング(速報)ニュースに加えて分析や深掘りの"スローニュース"に力を入れると表明。
11月9日という日は、11年前から良かれ悪しかれ私に影響を与えた日としてある事件を思い出させる。
子宮頸がんのワクチン接種は、日本では男性はおろか、女性に対しても副作用の懸念等から勧奨がストップしており、一向に再開の気配は見られません。
最近出てきたというより以前からあったものだとは思うが、他の部分で5年前の経験が活きているのになぜここは、という想いがあるので、手短に書いてみる。
新聞各社の記事は総長が伝えたかった内容を、反映しているのでしょうか?
一区切りがついたとみれらるSMAP解散騒動。ウェブメディア編集長として、改めて正しい情報の受け取り方・メディアリテラシーについて考えてみたい。