mejarigu

2012年8月19日の敗戦を最後に、続く田中のシーズン連勝記録は「32」に。アメリカに渡ってからも続く無敗記録は、ついに現地報道でもしつこいほど繰り返されるようになった。
「はみ出し者の集まり」は今日、野球選手として常にエリートの道を歩んできたダルビッシュ有の"天敵"としても知られている。
田中の制球難にあえいだ末の逆転劇に、日本の報道では多くが「田中乱調」「4勝目ならず」「勝敗つかず」の見出しが躍った。一方で、対照的に現地メディアでは多くが、「田中が圧巻~」「またしても強さを見せた!」「11奪三振!」と称えたタイトルが並んだ。
大リーグの川崎選手といえば、明るいキャラクターでチームメイトやメディアに愛されていることで有名だが、現地メディアのインタビューに答える川崎選手の映像を見ていると、微妙に英語が上達している――現地メディア爆笑のインタビューを動画で。
世界一の守護神は平常心でシーズンに臨む。レッドソックスの上原浩治投手(38)が、ヤンキースに入団した田中将大投手(25)の動向を全く気にしていないとボストンの地元ケーブル局NESN(電子版)が報じた。宿敵の名門球団で繰り広げられている大騒動についての情報は、完全にシャットアウトしているようだ。
ヤンキースの田中将大投手が新天地で背番号19を選んだ理由を明かした。地元紙スターレジャーが報じた。
ヤンキースの田中将大投手(25)が、いよいよキャンプインした。終了後には記者会見を行い、米国メディアの質問にジョークを交えながら返答。何度も笑いを誘った。
ヤンキース入団が決まった田中将大投手(25)の投球が、一足早くニューヨークのファンに"お披露目"されることになった。ヤンキース傘下のケーブル局YESネットワークが、24勝無敗の圧倒的な成績を残した昨年の田中の登板試合のうちの1試合を現地時間10日に放映すると発表した。
レンジャーズのダルビッシュ有投手(27)は、渡米から2年間で確固たる地位を確立した。昨年はサイ・ヤング賞の投票の2位に入るなど、早くもメジャー屈指の投手として認識されている。では、ダルビッシュの価値はメジャーの投手の中で何番目に位置しているのか。
ヤンキース入りが決まった田中将大投手(25)は初年度から何勝できるのか。本人の投球と同じくらい重要となってくるのは、打線の出来だろう。昨季は貧打に苦しんだヤンキースだけに、大補強でテコ入れした攻撃陣のパワーアップに期待したいところだ。
ヤンキースが田中将大投手と結んだ7年1億5500万ドル(約160億円)という巨額条件により、メジャー先発陣の年俸がインフレ状態に陥る可能性が浮上した。田中のヤンキース入りのニュースをいち早く報じた米フォックススポーツのケン・ローゼンタール記者が報じ、話題となっている。
レンジャーズのダルビッシュ有投手(27)に対して、早くも"マー君効果"が出始めた。米ケーブル局ESPN(電子版)が報じたところによると、レンジャーズのジョン・ダニエルズGMがエースの契約延長について早くも言及し、話題となっている。
田中将大投手の話題が絶えません。ヤンキースと7年で総額1億5500万ドル(約161億円)の大型契約を結んだことに世間は驚きました。初年の年俸が2,200万ドル(22億4,400万円)。凄いですね。まさにアメリカン・ドリームです。しかし驚くことはありません。それよりも目を向けるべきは、日本のプロ野球の収入の少なさや選手年俸の安さのほうなのです。
楽天・田中将大投手がメジャーに挑戦できるのか、できないのか、移籍をめぐるニュースが、連日国内外のメディアをにぎわせている。しかし新しいポスティングシステムでは、関係者すべてが損する結果になってしまうのではという懸念が生じている。
ニューヨーク・ヤンキースの中心選手としてオールスターゲームにも5度選出されているロビンソン・カノ二塁手。ヤンキースとの契約が今シーズンで終了するため、その動向に注目が集まっていましたが、アメリカの複数のメディアは12月6日、カノ選手が10年総額約240億円でシアトル・マリナーズに移籍することで合意したと伝えました。
今季防御率1.27、WHIP(走者を出さない数値)0.943、212イニングで183奪三振、24勝0敗という成績を挙げた楽天の田中将大投手に、米大リーグ(MLB)の多数の球団が熱視線を送っている。しかし交渉権をめぐるポスティング制度改正案がまとまらず、来年までに移籍が間に合うのか、危ぶまれる状況になっている。
ボストン・レッドソックス(ア・リーグ)とセントルイス・カージナルス(ナ・リーグ)が対戦したアメリカ・メジャーリーグ(MLB)のワールドシリーズ(7回戦)第6戦が10月30日、レッドソックスの本拠地ボストンのフェンウェイパークで行われ、レッドソックスが6年ぶり8度目の優勝を果たした。ハフィントンポストUS版が伝えた。レッドソックスが本拠地でワールドシリーズ制覇を果たしたのは、1918年以来95年ぶりとなった。
2013年のワールドシリーズ第一戦が10月24日(米国時間10月23日)、ボストンのフェンウェイ・パークで開幕。ナショナル・リーグ(ナ・リーグ)を制したセントルイス・カージナルスとアメリカン・リーグ(ア・リーグ)の覇者で田沢純一、上原浩治両投手を擁するボストン・レッドソックスが争う。試合は8-1でレッドソックスが勝利を収めた。
「サッカー不毛の地」と評されるアメリカに、イングランド・プレミアリーグの強豪が乗り込んでくる。しかも、手を結んだ相手は米大リーグのヤンキース…