menekisaibo

この方法はおそらく、他のin vitroやin vivo系にも応用可能だろう。
今回2つの研究グループが、それぞれ異なるケモカイン受容体について、小分子阻害剤と結合した状態の結晶構造を報告している。
遺伝子編集技術で改変された細胞の移入により、白血病が寛解したことが報告され、この治療法にますます注目が集まっている。
多発性硬化症の新しい治療法の手がかりになる。理化学研究所、九州大学、オーストラリアのWalter and Eliza Hall医学研究所、メルボルン大学との共同研究で、12月4日付の米科学誌イミュニティのオンライン版に発表した。
病原体を貪食(どんしょく)する免疫細胞の感染局所への集積に重要な役割を担う分子を、筑波大学医学医療系の渋谷彰(しぶや あきら)教授らが突き止めた。病原体の感染を免疫細胞がコントロールする仕組みの一端を分子レベルで初めて解明したもので、さまざまな重症の感染症に対する新しい予防法や治療法の開発につながる成果といえる。8月19日付の英オンライン科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。