mentaruherusu

NFLのジョナサン・オーウェンズ選手がインスタグラムに仲睦まじい写真と共に投稿した。
アスリートのメンタルヘルスを啓発する「よわいはつよいプロジェクト」のメンバーは「身体のけがと、心のけがの対応の差がなくなっていくのが一番重要」と訴えます。
多くの人から寄せられた愛とサポートに、これまで気づかなかったことを知ったとバイルス選手はつづっています
アメリカ体操代表のシモーン・バイルス選手の決断をフェルプス氏が支持。自身もメンタルヘルスの問題に苦しんできた。
アメリカのスーパースター、シモーン・バイルスは「私たちは単にアスリートであるわけではなく人間。時には出場しないという決断をする必要がある」と述べた。スポーツ選手たちがメンタルヘルスの重要性を語り始めています
過去2大会で活躍した主力選手。「最近は『バブル』オリンピックに向かうことについてとても心配していた」と明かした。
「文字通り誰もが、メンタルヘルスに関わる問題に苦しんでいるか、またはそのような人を知っている、ということがはっきりと分かりました」
『クィア・アイ in Japan!』に出演し、性的マイノリティ当事者として発信を続けるKanさん。「キラキラしている部分」以外の自分も発信すると決めている背景には、幼少期から抱えてきた「しんどさ」との向き合いがあった。
試合後の記者会見のあり方をめぐって、大坂選手を支持する世間の声があった一方で、「プロアスリートならばスポンサー企業に配慮するのは当然」という批判もあがっていた。
『Calm』はTwitterで「2021年の4大大会(グランドスラム)で、メンタルヘルスを理由にメディア対応をしなかった選手に対する罰金を支払う」と投稿した。