mentaruherusu

今年12月から従業員50人以上の企業に義務化されるストレスチェック制度の実施に向けて、精神科医らからなる日本精神科産業医協会が発足、5日に設立総会が開かれた。
毎日をより良く生きるための"人生の健康法"であるアーユルヴェーダの知恵を取り入れて、心身の健康につなげてみませんか。
何が正しいかは私にも分からない。ただ、すこしずつ、一個一個の不快のスイッチを、快に切り替える作業に淡々と励めばいい
悩みに、劇薬的に効く一冊です。新人なので、全部脱いで書きました。
先日の記事、「グリーフとはどんなもの?」では、グリーフについて、皆さんからよくあるご質問にお答えしました。
人事担当者向け中途採用支援サイト「エン 人事のミカタ」上でサイト利用者の242名を対象に「メンタルヘルス対策」についてアンケート調査を行いました。事業運営者が従業員の心の健康を守ることは責務とも言える中、今後の参考にして頂ける結果が出ました。
PRESENTED BY エン・ジャパン
「感情」と「心臓」の関係性についての研究を行っているアメリカのハートマス財団の研究によると、「感謝の気持ち」といったポジティブな感情は脳や心拍リズムと同期していて、「コヒーレンス」と呼ばれる、心身共に規則的で安定している状態を生み出すことが分かりました。
ここでは、加害者に関する数少ない情報の一つとして、中学校校長の「無口でおとなしい子」という話を元に、人を傷つけるといった行為、意識に至らせないための予防についてお話しします。
「どうして前途有望な若い医者が死ななければならないのか。今の医療はおかしい」鈴木医師が、研修医のメンタルヘルスの改善に取り組むきっかけとなった出来事だった。
京セラの創業者でありJALの再建を担った稲盛和夫氏、打撃の神様として崇拝された故・川上哲治氏・・・そしてAppleの創業者であり、伝説となった故・スティーブ・ジョブズ。一見、共通点のなさそうな彼らを繋ぐもの、それは「禅」。
禅の代名詞と呼べる"坐禅"を日々のルーティンに取り入れている著名人は多く、代表的な人物を上げれば、400戦無敗の男で知られる総合格闘家のヒクソン・グレイシーをはじめ、京セラの創業者でありJALの再建を担った稲盛和夫氏、打撃の神様として崇拝された故・川上哲治氏・・・
人間関係や社会的加齢が自己責任になった以上、「年相応に年を取っていくためにどうするのか」「誰と一緒に人生を歩んでいくのか」といった問題は、すべて自分で判断し、舵取りしなければならない。
わたしたちは誰でも、人生のどこかの時点で、障害に直面します。そして、その障害を克服したとしても、それが最後になるとは限りません。
「職場などの環境」や「ストレス」を生む環境を作り出しているのは誰だろうか。ひょっとしたらあなたも、このような環境を作り出すことに、無意識のうちに加担してはいないだろうか。
インターネットが普及し、色んなものに簡単にアクセスできるようになった。しかし、インターネットでは入手困難なものもある。その最たるものが、リラックスだと思う。
精神疾患への世間からの注目が増えたことは歓迎すべきことではある。しかし筆者は同時に、この数年の「メンタルヘルス」への急激な関心の高まりに対しては、やや危ういものを感じている。